読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kohroki's blog

こうろきさんの記憶のメモ的な空間で

M-AUDIO Keystation Mini 32 買いまして…

機材

夏ですね〜
夏と言えばモバイルということで


こいつを買いました。


まずはこの商品の特徴を

1.iPadにつないでMIDI鍵盤として使える。


1番目はネタです。
家にも普通に鍵盤あるのでわざわざケーブルとドックコネクターを引っ張り出して使わないかな。
GarageBandで使うと鍵盤の音色が結構入っているので遊ぶのは面白いです。
僕は鍵盤演奏できるわけじゃないので宴会芸にも使えませんがね…(´・ω・`)

2.楽譜作成ソフトSibelius 6 First同梱

本当の目的は2番目
実はこの商品のメインはこのソフトです。キーボードはおまけだっ(`・ω・´)

楽譜作成ソフトといえばFinaleと肩を並べるSibelius。
この商品に同梱されているSibelius 6 Firstはその廉価版です。


このSibelius First、現在はバージョン7なんですが単体で買うと定価10,500円(Amazonもう少し安いかな?)
Keystation Mini 32は定価はオープン価格ですが6,600〜7,350円ぐらいで買えます。

で、同梱されているSibelius 6 Firstを最新版7 Firstにアップグレードすると+3,500円

おおっ!ソフトの値段でキーボードがついてくるじゃん!


さらにSibelius 6 Firstから上位版の最新版Sibelius 7にもアップグレードできてしまうんです。

上位版にアップグレードできるTrade upというオプションが17,500円で用意されています。

Sibelius Student(英語のみ)、Sibelius First、G7、またはSibelius Instrumental Teacher Editionのいずれかのバージョンのライセンスをお持ちの方は、このアップグレードをご利用いただけます。

Avid | Sibelius 7 Trade-up


Sbelius 7はソフトだけで55,650円するので
Avid | Sibelius 7


どう考えてもこのキーボード買ったほうが安いよね(゜Д゜;)



そしてこのニュースをご覧ください。
ICON: Avid、M-AudioをAkaiの親会社に売却し、コンシュマー向け製品から撤退

そもそもM-AUDIOの鍵盤にSibeliusが同梱されているのは2つともavidが取扱いしてるからなわけで、別会社になっちゃうとこの製品も消えてしまうのでないの?
というわけで今のタイミングで買った次第でございました。

そんなん買わなくても安く買えるよ!とかFinaleのほうが安く買えるよ!などありましたら教えてくださいm(_ _)m

広告を非表示にする