読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kohroki's blog

こうろきさんの記憶のメモ的な空間で

緊急開催!ギタリストもベーシストもお悩み解決!凄腕サウンドメカニック いっぺい氏セミナー in 福岡

2013年3月31日 日曜日
「サウンドメカニック いっぺい氏セミナー」
場所:桜坂 STAFF
時間:17:00-21:00
セミナー参加費:1500円 (スタジオ利用料込)

※当日参加も可能ですが人数に限りがありますので事前申し込みの方以外はお断りさせて頂く場合があります。

※駐車場はございませんので公共交通機関での来場をお願いします。

→参加申し込みはこちらから←


いっぺい氏のプロの現場の話。音場の作り方。自作エフェクターの紹介、試奏。質疑応答、エフェクター試奏会。

日ごろ抱えている疑問・悩みを解決してくれる質疑応答のコーナーもあります。

ご自身が使っている楽器・アンプ・エフェクターボードなどを持ち込んでいただければ、その場で解決することがあるかもしれません。

大人数の参加が予想され ますので、必ずしも個人の方の悩み相談の時間が設けられる、解決することは保証できませんので、あらかじめご了承ください。


ギター・ベースに限らず、ドラム・キーボード・ボーカルの方にもオススメします!
実際にいっぺいさんはイヤーモニターのケーブルやボーカル用マイクにつかえるバッファなども開発されていらっしゃいます。


ブログを見ていただくとわかるのですが、数多くのアーティストさんと製品開発やサポートをしていらっしゃる方。プロレベルの現場の話や音場(ステージやスタジオの環境)をよくするテクニックもすごい情報量をお持ちです。


必ず良い話がきけると思いますよ!これが1500円なんてありえません!お見逃しなく!

 

上記の企画内容は共同企画・NeotenicSoundのユーザーでもある松下一弘さんのブログから引用させて頂来ました。

浜田一平(いっぺい)氏


EFFECTORNICS ENGINEERING(エフェクトロニクス エンジニアリング)代表
大阪南船場のアトリエ&ラボラトリィ『えふぇくたぁ工房』で楽器用音響機器を製作。プロアマ問わず、バンドの音作りを得意とする。
数々のプロミュージシャンのギターテック、ローディー経験を持ち現場の不満を解決する機器・エフェクターをハンドメイドで製作。


展開するエフェクターブランド
NeotenicSound
Hatena?

使用アーティスト(名前をクリックするといっぺいさんのブログが開きます。)

ベーシスト

チロリンさん
徳永暁人さん
川崎哲平さん

ギタリスト

ウルフルケイスケさん
西村智彦さんSING LIKE TALKING
小南数麿さん(ソロアーティスト・サポートギタリスト)
末松一人さん
ボーカリスト、キーボーディスト等多数使用中。

 
既存のエフェクターの概念とは全く違う視点で作られることが多く市場にも出回らないため僕も非常に楽しみにしています。

NeotenicSound
今回もってきて頂くボード(クリックするといっぺいさんのブログで詳細が見られます)

 

写真の真ん中に2台写っている松下一弘さんも使用中のMagicalForceを試させて頂きました。

僕はこれは画期的なエフェクターだと思いました。

ベーシストはギタリストと違い、

ライブハウスで外から出る音はD.I.からの出力のみで、自分のアンプのヘッドを用意して音を作り込んでも外の音はコントロール出来ない。

という場面があります。

足下にMagicalForceがあれば外からでる音にパンチを加えたり、音圧を出したりするコントロールが可能になるわけです。

 

いっぺいさんのエフェクターは「現場を考えてつくっている」というのがこのエフェクター1個からも伝わってきました。

 

僕も福岡のライブに良く行きますが「やってることはとてもかっこいいけど音が酷くて聞いてられない」と感じるバンドが沢山います。

 

そんなもったいないバンドをひとつでも減らしたいなと思います。

告知期間が短くて申しわけありませんがご都合を合わせてぜひバンドメンバーみなさんでご参加下さい。

 

→参加申し込みはこちらから←