Kohroki's blog

こうろきさんの記憶のメモ的な空間で

第二回!サウンドメカニック いっぺい氏セミナー in 福岡


「第二回 サウンドメカニック いっぺい氏セミナー」
場所:スタジオスタッフ 住所:福岡市中央区桜坂2-5-45 TEL:092-712-4673

時間:8/18(日)14:00〜19:00
セミナー参加費:2000円


参加申し込みはこちらから

セミナー内容:カッチョええ音作り・音場(おんば)作り・EFFECTORNICS ENGINEERING製品の紹介・試奏・質疑応答、エフェクター試奏会を予定しています。


※当日参加も可能ですが人数に限りがありますので事前申し込みの方以外はお断りさせて頂く場合があります。
※駐車場はございませんので車でお越しの方は周辺のパーキングのご利用をお願いします。


みなさんおまたせしました!EFFCTORNICS ENGINEERING代表ハットマンいっぺいさんによるセミナー第二回の開催が決定!1回目に行きたかったけどいけなかった!という声を沢山頂戴しておりまして…今回は余裕を持った告知となっております!

時間帯も前回の17:00〜21:00から14:00〜19:00とお昼からの開催となっておりますので遠方の方で帰りのお時間に余裕がなかった方も参加していただけるようになりました!

前回は試奏していただく時間が少なかったので今回はセミナー4時間+試奏1時間となってますのでゆっくりいっぺいさんとお話していただいたり、製品を試奏して頂こうと思ってます。

前回の内容はこちら→サウンドメカニック いっぺい氏セミナー in 福岡 開催しました! - Kohroki's blog


今回の目玉になりそうなのが

CrackedTop : FN社長の夢
CrushedTop : FN社長の夢
CrystalTop: FN社長の夢

この3機種です。解説を見てるだけでワクワクしますw早く音を聞いてみたいです(^_^)/

ギター、ベース、アンプ、エフェクター、マイク持ち込み大歓迎です!

自分の楽器で試したい、自分のボードに入れて試して見たい、自分のアンプで音を確認したい、など時間があればいろいろなアドバイスをしていただけるかもしれません。

ブログを見ていただくとわかりますが、キーボード用のDIやボーカル用のBUFF等も制作され、数多くのアーティストさんとの製品開発やサポートもしてらっしゃいますのでバンド全体での音作りステージの環境を良くするテクニックもすごい情報量をお持ちです。

前回も一緒に企画していただいた松下一弘さんも前回の様子を詳しくブログに書いてらっしゃいますので確認してみて下さい!
BASS 松下一弘 WebSite ダイアリーBASS 松下一弘 WebSite ダイアリー


参加申し込みはこちらからおねがいします!

新しくかったiPhone5のケースが気に入ったので紹介する。

iPod touchがわりに通信回線をOFFってWiFiのみでつかってるiPhone5ですが

やっぱり薄手のハードケースはダメ!!!

レイアウトのハードコーティング・メタリック・シェルジャケット を使ってたんだけどすぐ傷ついちゃってがっかり。

で買い換えました。

iPhone5 MOBIER STONE

この中のオレンジを買いました。

クロ×オレンジって配色好きなんですよね。

付けてみたら懐かしのIS03みたいな感じw

質感は悪くないですね。



こういう全体を覆うケースを買うときに意外と心配なのがイヤホンジャック、コネクター周りの寸法。
だって買ってからイヤホンが刺さらなくなったとか周辺機器が使えなくなったととかいやじゃないですか?
とりあえず手持ちのイヤフォンは使えました。ほっ。

このケースは穴が7mm弱で高さが厚さが1.5mmあります。参考までに。


ボタンもいいかんじ。
「カチッ」ってちゃんとクリックする!ここ地味に好きです。無駄に押したくなります。



ストラップ付ける派の為のストラップホイール。
僕は使わない派ですが外観を全く損ねていないのでOK。ちゃんと右側についてて、持つとき邪魔にならないです。
レイアウトのケースは裏面ど真ん中にストラップホイールついてたからね…あれはイケてない。


背面には「MOBIER」のロゴが…
ロゴない方がいいけど、それ以外気に入っちゃったからここは妥協してもいいかな。



あ、あと画面の保護フィルムも光沢・マットの2種類ついてて自分の好きな方を選べます。



値段も安いし予備でもう1個かっておこうかなと思ったらAmazonでは売り切れてました。

2月発売なのにもう終売?

楽天だとまだあるお店もありますね。


パッケージよく見てたら企画販売してるMSプロダクツは博多の会社ですね。
これからもいい製品たくさん出してくださーい(・∀・)

4月27日 中洲Gate's7でライブでーす!

今年は桜があっという間の散っちゃいましたね…
例年だとギリギリこのくらいまで見られてた気がするんですけど(-。-;

4月27日Gate's7
Musicmesse Fukuoka3
KIHO /鳥飼グロリアス ゴスペル シンガーズ /
スライスライム /田添 香菜美 /ハルブレンド /Nao

開場 17:30 / 開演 18:00
前売 /当日 ¥2,500【別途要1ドリンク代¥500】

KIHO(キホ)さんと田添香菜美さんのバックで演奏します(^-^)/

KIHOさんは様々なアーティストのコーラスやメロディーメーカーとして裏方として沢山のお仕事をされてる方です。


田添さんは専門学校の先輩で福岡で活動中のシンガーソングライターです。
今回にライブでは田添さんがバンド時代の曲も数曲やります。
自分の同級生がやってたバンドの曲を演奏するって不思議な感覚です…
田添香菜美さんのYoutubeチャンネル↓
tazoekanami - YouTubetazoekanami - YouTube

お時間のある方はぜひ観にきてください(^-^)/



チケットはブログのコメント(コメントは公開されません)、FBのメッセージ、twitterでお取り置きできます(^-^)/

:::ようこそゲイツ7へ!::::::ようこそゲイツ7へ!:::

福岡市博多区中洲3-7-27Gate's7 - Google マップ



サウンドメカニック いっぺい氏セミナー in 福岡 開催しました!

今回も無事に終了致しました!
大阪からふぇくたぁ工房のいっぺいさんをお迎えしてセミナーを開催しました。

ほんとに衝撃のセミナーでした!

今回の内容を写真とともに紹介します(^_^)

いっぺいさんの自己紹介

いっぺいさんがなぜこんなに素晴らしいエフェクターを作ることができるのか。
バックグラウンドを丁寧にお話しして頂きました。




ローランド JC-120(以下ジャズコ)を使ったアンプのサウンドメイキング

会場に置いてあるアンプで素早く気持ちいい音を出す秘訣を教えて頂きました。

参加者の皆さん、一様に驚いてました(笑)
もちろん僕もビビりましたw
まさかジャズコであんな音が出るなんて!


NeotenicSoundのエフェクター紹介

ジャズコで音を作ったあとはいよいよエフェクターの登場!

会場にNeotenicSoundの製品で組み上げたボードをお持ち頂きました。


ボードに紫のエフェクター「Magical Force」が3つもはいってます。
【 MagicalForce 】 : FN社長の夢【 MagicalForce 】 : FN社長の夢


長年の研究テーマでもあった、”音場”のコントロール。
”音場”とは、イコライザやトーン回路などで補正をして作るサウンド・キャラクタとは違い、スピーカーから飛び出してくる音の通りや広がり、密度などのいわゆる雰囲気の部分をいいます。

注目なのはエフェクターボードの最後につながっている3つ目のMagical Forceの使い方なんですが、
レコーディングの時に掛けるトータルコンプのような使い方でギターアンプからなのにCDで録音した音源の様なまとまり、音圧を出すことができます。
ジャズコからとは信じられない音圧が飛び出してきて鳥肌が立ちました!!!

音色は一切変えないのでこういう使い方ができるんだそうです。


「BUFF」というバッファーもあるんですがこれまた凄い!
新モデル【 Buff 】シリーズ : FN社長の夢新モデル【 Buff 】シリーズ : FN社長の夢


【 Buff 】レッド。通称「バフ(ばふ)」。ギターやベースの音色増強だけでなく、アンバランスラインの機器間バッファとしてもしっかりといい仕事をしてくれます

福岡のロックバンドROGKのyonemaくんに普段ライブで使う機材一式を持ち込んで入れてみたんですが、
もともとyonema君もボードにもカスタムオーディオジャパンのバッファーを入れるんですが、その前にNeotenicSoundのBUFFを繋ぐと「ジー」とのっていたノイズが綺麗になくなりました。

さらに持ち込んでくれたヘッドのセンドリターンに「Magical Force」を繋いで、これもトータルコンプの様な使い方をしましたがかなりの効果がありました。
音を大きくしても耳障りな音は上がらずどんどん音圧だけをあげてくれる。
ソロの時にブーストさせると耳が痛いだけの音になりがちなギタリストが非常に多いんですがそういうギタリストは全員使って下さい(笑)




今回の四時間では時間が足りないくらい充実したセミナーでした。

いっぺいさんの音作りや、エフェクターへの考え方、直接お会いすることでしか聞けない貴重なお話をいろいろ頂きました。
ブログには書ききれません(笑)

セミナーのあとにMagical Forceを購入したのでレビューも書きたいと思います。
(いっぺいさんの話聞いたら誰でもマジカルほしくなるw)

興味がある方はEFFECTORNICSのホームページやツイッターから問い合わせができます。

EFFECTORNICS (EFFECTORNICS) on Twitter
EFFCTORNICS ENGINEERING

ぜひまた福岡にいっぺいさんをお呼びしてセミナーを開きたいと思っています!

わざわざ大阪からきて頂いたいっぺいさん、急な告知にも関わらずご参加して頂いた皆さんありがとうございました。

緊急開催!ギタリストもベーシストもお悩み解決!凄腕サウンドメカニック いっぺい氏セミナー in 福岡

2013年3月31日 日曜日
「サウンドメカニック いっぺい氏セミナー」
場所:桜坂 STAFF
時間:17:00-21:00
セミナー参加費:1500円 (スタジオ利用料込)

※当日参加も可能ですが人数に限りがありますので事前申し込みの方以外はお断りさせて頂く場合があります。

※駐車場はございませんので公共交通機関での来場をお願いします。

→参加申し込みはこちらから←


いっぺい氏のプロの現場の話。音場の作り方。自作エフェクターの紹介、試奏。質疑応答、エフェクター試奏会。

日ごろ抱えている疑問・悩みを解決してくれる質疑応答のコーナーもあります。

ご自身が使っている楽器・アンプ・エフェクターボードなどを持ち込んでいただければ、その場で解決することがあるかもしれません。

大人数の参加が予想され ますので、必ずしも個人の方の悩み相談の時間が設けられる、解決することは保証できませんので、あらかじめご了承ください。


ギター・ベースに限らず、ドラム・キーボード・ボーカルの方にもオススメします!
実際にいっぺいさんはイヤーモニターのケーブルやボーカル用マイクにつかえるバッファなども開発されていらっしゃいます。


ブログを見ていただくとわかるのですが、数多くのアーティストさんと製品開発やサポートをしていらっしゃる方。プロレベルの現場の話や音場(ステージやスタジオの環境)をよくするテクニックもすごい情報量をお持ちです。


必ず良い話がきけると思いますよ!これが1500円なんてありえません!お見逃しなく!

 

上記の企画内容は共同企画・NeotenicSoundのユーザーでもある松下一弘さんのブログから引用させて頂来ました。

浜田一平(いっぺい)氏


EFFECTORNICS ENGINEERING(エフェクトロニクス エンジニアリング)代表
大阪南船場のアトリエ&ラボラトリィ『えふぇくたぁ工房』で楽器用音響機器を製作。プロアマ問わず、バンドの音作りを得意とする。
数々のプロミュージシャンのギターテック、ローディー経験を持ち現場の不満を解決する機器・エフェクターをハンドメイドで製作。


展開するエフェクターブランド
NeotenicSound
Hatena?

使用アーティスト(名前をクリックするといっぺいさんのブログが開きます。)

ベーシスト

チロリンさん
徳永暁人さん
川崎哲平さん

ギタリスト

ウルフルケイスケさん
西村智彦さんSING LIKE TALKING
小南数麿さん(ソロアーティスト・サポートギタリスト)
末松一人さん
ボーカリスト、キーボーディスト等多数使用中。

 
既存のエフェクターの概念とは全く違う視点で作られることが多く市場にも出回らないため僕も非常に楽しみにしています。

NeotenicSound
今回もってきて頂くボード(クリックするといっぺいさんのブログで詳細が見られます)

 

写真の真ん中に2台写っている松下一弘さんも使用中のMagicalForceを試させて頂きました。

僕はこれは画期的なエフェクターだと思いました。

ベーシストはギタリストと違い、

ライブハウスで外から出る音はD.I.からの出力のみで、自分のアンプのヘッドを用意して音を作り込んでも外の音はコントロール出来ない。

という場面があります。

足下にMagicalForceがあれば外からでる音にパンチを加えたり、音圧を出したりするコントロールが可能になるわけです。

 

いっぺいさんのエフェクターは「現場を考えてつくっている」というのがこのエフェクター1個からも伝わってきました。

 

僕も福岡のライブに良く行きますが「やってることはとてもかっこいいけど音が酷くて聞いてられない」と感じるバンドが沢山います。

 

そんなもったいないバンドをひとつでも減らしたいなと思います。

告知期間が短くて申しわけありませんがご都合を合わせてぜひバンドメンバーみなさんでご参加下さい。

 

→参加申し込みはこちらから←

 

 

東別府拓真・山口涼也 Groupe in 中州リバーサイド 終了!!

今年も東別府君京が東からライブをしに来福してくれました!

 

東別府君は音楽学校の同級生で来福してライブをする際にいつも声をかけてくれます。

ありがたいです〜(^^)

写真左から

興梠孝也 Ba

東別府拓真 Gt

山口涼也 Gt

尾崎賢吾 Dr

 

山口くんと尾崎くんとは初共演!

 

山口君は某雑誌のギターコンテストで準優勝の経験もある若手ギタリスト。

ジャズフュージョン系のギタリストですが、最近は歪みを封印しハコのギターでアンプ直というスタイルで頑張っているそうです。

山口君にも一部選曲をしてもらったんですがまさかマイク・スターンのChromazoneをもってきたw

 

演奏をしている、という情報しかなかったのでまさかこんなにゴリゴリのやつをもってくるとは思いませんでした!!!!

2人とも良くあのテーマ弾けるな〜(笑)

 

尾崎君は宮崎県延岡市の出身で、僕の出身の高千穂町と同じ県北の出身なのでいつかやってみたいな〜と思い誘ってみました。

福岡県内、いろんなところで活躍中のドラマーなので見かけたら「やっちょんなー」と声をかけてあげてください(笑)

ナイスキャラ過ぎるw

 

頼りになる後輩がいることに感謝です(^^)

 

 

セットリスト

Pick Up the Pieces

Affirmation

Four On The Floor

(It's Just) Talk

Chromazone

James

Recorda Me

But Beautiful

I Got A Rite

Monmouth College Fight Song

 

パットメセニーのjamesいい曲ですよね〜

今回は東別府くんのオリジナル曲は入ってなかったんですが、彼の作る曲も素敵なので次はオリジナル中心でやりたいです(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブの種明かしと、サイレントギターが意外と使えた話。

2/2に天神・親富孝通りにあります、御縁屋二階店でアコースティックギターで弾き語りでライブイベントに出演させて頂きました。

f:id:kohroki47583:20130204030659j:plain

 

そもそもは、常連さんが年末のライブで弾き語りデビューをしたという話で盛り上がり

 

じゃあ、もう一回やりましょう!というノリで弾き語りライブイベントになりました。

 

「えっ、コウロキさんってギターも弾けるんですか?」

 

ってよく言われるんですが

 

ごまかしが上手いだけで全然弾けません。

 

今回演奏したのは

 

稲葉浩志「ファミレス午前3時」

http://gakufu.gakki.me/m/data/DT06685.html

 

福山雅治「Heart」

 http://gakufu.gakki.me/m/data/DT01385.html

 

反町隆史「POISON〜言いたいことも言えないこんな世の中は〜」

http://gakufu.gakki.me/m/data/DT02537.html

 

各曲のコードが載っているサイトのURLを貼ったので見ていただきたいんですが、

 

この3曲、ほぼコードが一緒(笑)

 

ギター弾いたことない人はこんな感じでできる曲をどんどん増やしていくと楽しいですよ。

 

みんなもギターやろうぜ!(何の話w

 

 

 

ライブではヤマハのサイレントギター(SLG110S)を使いました。

 

意外とステージでつかっても良かった!

 

本体に内蔵されてるリバーブは細かい設定ができないので本番では使えないかな〜と思っていたんですがそのままでも良かったです。

念のためにコンパクトエフェクターのリバーブも持って行ってましたが出番なし。

 

今回演奏した御縁屋さんはしっかりモニターがあったんですが、シールドをPAに刺しても本体についてるイヤホンジャックから音が出せるのでイヤホンを使用してモニターしながら演奏しました。

自分の楽器の音も良く聞こえるし、耳栓と同じで効果で自分の声も聞こえて安心して演奏できました。

 

自宅練習用つもりで買ったギターでしたが大活躍でした♪